コンブチャ(紅茶キノコ)と昆布茶…この2つ違いって何?

コンブチャ、昆布茶違い

最近話題になりつつあるコンブチャですが、日本に昔からある昆布茶とは全く別ものです。

名前は似ていますが、コンブチャと昆布茶は全く無関係のものです!
コンブチャには昆布は入っていません。

official_site_bana

昆布茶≠コンブチャ

昔ながらの昆布茶(こぶちゃ、こんぶちゃ)は・・・

コンブを乾燥させ細かく刻んだり粉末状にしたものにお湯を注いだ飲み物です。

軽く塩味をつけたり、あられや玉露を入れたて飲む場合もありますが、基本的に塩辛い飲み物です。

また、梅肉を感想させた場合のものは梅昆布茶(うめこぶちゃ)とも呼ばれ古くから日本人に親しまれています。

一方、海外セレブの間で話題になっている 「KOMBUCHA(コンブチャ)」は昆布とは一切関係ありません。

コンブチャ(kombucha)とは?

アメリカで今大流行のkombucha(コンブチャ)

海外セレブで話題

コンブチャとは紅茶キノコのこと?

コンブチャは日本でなじみのある昆布茶とは違い、日本国内ではかつて「紅茶キノコ」と呼ばれていたものです。

紅茶に菌・酵母を加えて作られた発酵飲料で、日本では以前「紅茶キノコ」という名前で一時ブームになったこともあります。

紅茶キノコは紅茶の中で菌・酵母が発酵する過程でゲル状の物質が作られ、これの見た目が「キノコ」のようなので、紅茶キノコと呼ばれています。

その紅茶キノコですが、欧米をはじめとする諸外国ではkombucha(コンブチャ)という名称で有名になっています。

どうやら昆布茶と混同されたようでそんな名前になっていますが、昆布茶≠kombucha(コンブチャ)です!

kombucha(コンブチャ)には・・・

◎ダイエット効果
◎デトックス効果

があると言われており、美容やダイエットに関心のある女性のなかで注目を集めつつあります!

紅茶キノコって何?

日本ではかつて紅茶キノコと呼ばれたものですが、ちょっとした勘違いで「コンブチャ」という名称になってしまいました。

そのコンブチャはコンブッカとも呼ばれ、モンゴルで発祥、紅茶を発酵させたもので、シベリアで古くから愛されている伝統的飲料です。

この紅茶キノコですが、これも文字通りキノコを意味しません。

紅茶に糖分とゲル状の菌を加えて発酵させて作る過程でできるセルロースゲルがキノコに似ていたことから、紅茶キノコと呼ばれるようになりました。

そして、今海外セレブの間で話題になっているのは、この紅茶キノコの進化系なのです!

日本でも手軽に手に入るようになりました!

少し前までコンブチャ(紅茶キノコ)はなかなか国内での入手が困難でしたが最近になってようやくネットなどで購入できるようになりました。

コンブチャは公式サイトから簡単に購入できますので是非一度お試しください♪

大人気!コンブチャクレンズ余分な者を燃やして出す!燃焼系ドリンクコンブチャクレンズ! 初回限定66%OFF 1950円 公式サイトはこちら